快適になる新幹線の座席選び

窓側か通路側か

新幹線の座席は、多くの人が少しでも良い場所がいいと考えています。当然のことですが、時間とともに座席数が減っていくことになります。数日前と比較してみるとわかりますが、残り1時間ともなれば、好きな席はなくなっているかもしれません。

時間とともに希望者が増えてくることを考えれば、当然ですができるだけ早く予約する必要があるでしょう。こうした差は、繁忙期になればもっと広がっていきます。予定が決まれば、早めに予約をするといったことがポイントになってくるでしょう。

席に関して言えば、絶対にここでなければいけないというものがあるわけではありません。ですが、移動ということを考えれば、昼間はその風景が見えたほうが快適でしょう。そうなると窓側を選ぶことがポイントになってきます。夜移動するのであれば、風景は見えなくなってしまうことを考えて通路側でもいいでしょう。

新幹線は快適に作られていますが、それでも疲れることは確かです。窓から風景を望むことができれば、これだけでも疲れが抜けてくるものです。たったこれだけと思うかもしれませんが、かなりの違いが出てきます。夜のほうが人も少なくなり、その分だけ席を立つ人も少なくなることから、通路側でもゆったりと過ごすことができるでしょう。